読み手の立場に立って書かれているかどうか

旅行について調べたいとき

何か調べ物をしたいときにウェブサイトを参考にされる方は多いのではないでしょうか。
例えば旅行するうえで一番知りたいことといえば、その地の名所や名物などのその地ならではの特徴はもちろん、旅行代金がどれくらいかかるのか大よその予算だと思います。
この場合知りたいことは何なのかといえば、旅行の総額にかかる費用になりますので、単純に費用だけ載っているサイトが手っ取り早いかもしれませんが、旅行の際に重要なことはそのことではないと私は考えます。私が思うに、その費用を払うに値する場所なのかどうかを知りたい方は割と多いのではないでしょうか。
ですので、各サイトはいかに魅力的な施設かなどを紹介するのに力を入れていると思います。その中でどこを選ぶかは人それぞれですが、単に決まった形式やデザインで書かれたものよりも、オリジナリティあふれるデザインや文章で書かれたウェブサイトはひと際目をひかれるものだと思います。

各種スクールについて調べたいとき

社会人になってから何か手に職をつけたいと考えて資格取得を目指される方は多いと思います。
どのジャンルを選ぶかは自分次第ですが、目指すものが決まったら、ウェブサイトか電話で資料請求されるという方は多いのではないでしょうか。
まだスクールに行こうと決めている段階でなければとりあえずウェブ上で資料請求という方がほとんどだと思います。
しかし一度資料請求をしてしまうと、同じところからDMなどが届くようになるので、なるべく資料請求するところは厳選したほうが良いでしょう。そうした時に指針となるものがウェブサイトなのです。
文字ばかりのサイトは読みづらいですし、かといってカラフルなばかりで内容が伝わってこないのも考えもの。そういったバランスがとれていて、且つスクールの全貌が分かりやすいサイトであれば、資料請求につながるのではないかと思います。


▲ TOPへ戻る