薬剤師


ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






薬剤師転職本舗

相当な思いで学んだ知識又は技能を水の泡にしないように、薬剤師が転職した後も保持している資格を十分活かせるように、勤務条件を改善していくことが必須だと考えられます。
「未経験者歓迎の求人がいいのだけど」「引越し先の周りで勤務したい」などといった希望に沿う様に、各エージェントが希望に沿う薬剤師の求人を探してきてお知らせいたします。
診療報酬・薬価の改定がされたことで、病院が獲得することのできる収入は減ってしまっています。そういったことに比例し、薬剤師が手にする年収も額が減ってしまうので、大学病院所属の薬剤師の所得が増加しないのです。
薬剤部長という職位になると、年収の額は、1千万円に届く額になるなどの話もあることから、将来を見据えると不安がないと言えそうなのが、国立病院機構などの薬剤師であると考えられます。
転職したい薬剤師の人たちに、面談日程の予定を決めたり合否についての連絡、退職手続きの手順など、面倒くさい連絡関係や事務関係の手続きなどのことをちゃんと手伝います。
どうしても、「高い年収をもらいたい」と強く願うような場合は、調剤薬局に身をおく薬剤師の数が足りない地方の田舎や離島などで勤務に当たるという手段も候補です。
大方、薬剤師について言えば年収額の平均というのは、500万円前後ということですから、薬剤師としてそのキャリアやスキルを積みさえすれば、高い給与も十分期待できるのではないかと予測されます。
「薬剤師としてやってきたキャリアは誰にも負けない」ということのみを理由にして、転職することで年収を多くしていきたいというのであれば、今働いている仕事場でもっと努力を重ねていくのが賢明です。
調剤薬局の店舗では、管理薬剤師を一人常駐させるという条件が薬事法により定められていますが、調剤薬局勤務をしている薬剤師のキャリアアップの目標として、管理薬剤師の地位を希望するような方たちは多いと思います。
人が組織の仕組みの中で勤務に当たる社会では、薬剤師が転職に直面するときに限らず、高いコミュニケーション能力を考慮せず、転職もキャリアアップも困難であるといえます。
男性に関しては、やりがいが必要な方が意外と多く、女性の場合は、上司に対する不満が多数あるようです。男性が重要視するのは仕事の中身、女性にとってはどんな環境なのかが重要になるのが、薬剤師の転職に置ける特徴的な傾向であることがはっきりしています。
病院に勤める薬剤師は、患者さんの薬の服薬指導だけでなくお薬の履歴管理、お店に勤務するなら在庫を管理する作業とそのシステム、会計管理・会計システムに関する知見も大事でしょう。
転職する時に、良かったら利用していただきたいのが、薬剤師転職サイトです。非公開の求人も多数あって、何千件という案件を所有しているものもあるので、是非探してみてください。
だいたいパートで薬剤師の求人を確認している方は、勤める時の希望条件が多いことから、ちょうど良い職場をすぐには見つからず、新しい仕事先を見つけるために費やせる日数もかなり少ないと言えます。
近年の医薬分業の流れも一因となり、それぞれの調剤薬局や各地に展開するドラッグストアなどの場所が、昨今の勤務先で、薬剤師が転職する事は、相当数起こっているのです。