薬剤師


ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






薬剤師転職サイト 比較

大学病院に属する薬剤師の年収額というものは、一般病院と比較しても金額に大きな差はないのです。そんな状況なのに、薬剤師にまわってくる仕事というのは少なくなく、夜勤などの業務をする時も出てきます。
薬剤師としてやるべきことは当たり前で、商品管理の業務にシフト管理またはパートやアルバイトの採用案件もしています。ドラッグストアというところでは、多種多様な仕事や作業を処理することが当たり前と言えます。
あまり例を見ないことでは、ドラッグストアにおける販売の方式に精通している流通アドバイザーや、商品を開発するときのコンサルタントと言った形の仕事をする人もおられるそうです。
「仕事をしていなかった期間がある」というような事情そのものは、薬剤師が転職するのに悪影響はありませんが、ある程度以上の歳でコンピューターに疎い場合については、敬遠されがちになる可能性があります。
調剤薬局については、管理薬剤師を一人常駐させるということが薬事法によって取り決められていますが、調剤薬局に身をおく薬剤師としてのキャリアップで、この管理薬剤師を目指していくというような人も数多くいることでしょう。
薬局勤務をこなす薬剤師というのは、薬の調合をするだけでなく、雑用を含むほかの業務までもお願いされることもあったりするので、大変な仕事内容と俸給が妥当ではないと不満に感じている薬剤師が増加しているのです。
正社員雇用と比較するとパートというのは、給料は低額ですが、勤務の時間とか日数については融通が利きやすいのです。薬剤師の転職アドバイザーを活用することによって、自分自身に一番合う求人にめぐり合いましょう。
日本全国にお店を持っているドラッグストアの大手の場合だと、とても好条件の薬剤師向けの求人を発信しておりますから、いくぶんやすやすと情報を探せる現状があります。
より良い転職先を探すために転職活動をする場合は幅広く転職活動を実践できるとおもいますので、薬剤師対象の転職サイトなどを利用するのも良い手です。
ネットの求人サイトに登録した場合、転職におけるコンサルタントが担当に就きます。自分を担当するコンサルタントに希望条件を言えば、バッチリの薬剤師の求人案件情報を案内してくれると思います。
たくさんの薬剤師転職求人サイトを確認すれば、多種多様な求人案件を見ることが可能ですし、普通では見れない一般公開していない求人情報を手にすることも可能というのも魅力です。
ドラッグストアの方面では、薬剤師さんたちへの採用枠はまだ多くあります。もし知りたいと思ったら、ウェブサイトで詳しい募集情報を検証しておきましょうね。
薬剤師に関するアルバイトで任される業務でよくあるものの1つに、薬歴管理と言われるものがあるようです。各々の薬歴から、薬剤師の立場で患者たちを管理するという業務内容になります。
薬剤部長というものになったときには、手にできる年収額は、約1千万円になるなど言われておりますから、将来的な視野で大丈夫と言えるのは、国立病院機構などの薬剤師であると言えると思われます。
現代の不況のさなかでも結構良い給与の職と分類されていて、常日頃求人があるような、憧れてしまうような薬剤師の年収なのですが、2013年の年収の平均額で、だいたい500万円〜600万円と聞いています。