薬剤師


ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/






管理薬剤師.com 転職求人相談

薬剤師のパートは、普通時給が一般のパート職よりも割高です。なので、少し時間をかけたら、パート代の良い職場を見つけ出すことも可能でしょう。
ドラッグストアの仕事を通じてスキルアップをして、その先は独立してお店を構える。商品開発を手伝うエージェントとして職を変え、企業との契約によって高い報酬を手にする、というキャリアプランを組むことは十分できます。
幾つもの薬剤師の転職系求人サイトの登録会員になると、多様な案件に出会うことが可能です。会員限定の非公開の求人案件をいろいろとみることも可能なんです。
ハローワークで探して事が運ぶのは、レアケースです。薬剤師の求人数は、他の職と比べてかなり少ないほうで、そのうえ希望通りのものをゲットするのであれば相当てこずります。
通常、一般公開される薬剤師を募集する求人情報というのは全体の2割ほど。残りの8割については「非公開の求人」で、公には公開されない良い求人情報が、非常に多く見ることができます。
一言で薬剤師と申しましても、たくさんの職種があるものです。様々な職種の中でも、抜きん出てよく認識されているものとしては、なんと申しましても、調剤薬局に勤める薬剤師さんといえるでしょう。
例えばの話、「年収をうんと得たい」というのが一番の希望であるという場合でしたら、調剤薬局で働く薬剤師が満足にいない地方の辺鄙な地域などで勤務するという道も考えられます。
仕事と家庭を両立させて稼ぐことが可能な薬剤師のアルバイトは、他と比べ高時給な点がいいところです。ネットで安心して勤務できるような完璧なアルバイトに出会いました。
上質な仕事内容であることを把握した上で、一定研修への参加、テストに合格するといった成果が認められる薬剤師に、いろいろなグループ・団体から研修の認定証やバッジなどが発行されているのです。
「仕事のブランクがある」といった事情だけなら、薬剤師が転職する時にマイナスポイントにはならないのですが、ある程度以上の歳でパソコン操作などが不得手であるような人は、採用の際に敬遠されてしまう場合もあります。
忙しさに追われ自分だけで転職に関して調査することはできそうもない、というような薬剤師の方も安心してください。薬剤師専任のエージェントというものにお任せする手法も使えます。
薬剤師としての任務は当たり前で、商品管理・シフトの決定やパート・アルバイトの採用等もすることになります。ドラッグストアに関しては、多数の業務を受け持つことになってしまうのです。
病院などでは、夜勤している薬剤師が必須だそうです。さらに救急医療センターも、深夜勤務のアルバイト薬剤師を雇いたいと思っているみたいですよ。
給与面について満足しておらず、よりたくさんの収入を見込める職場を追い求める人は数多くいるものです。その反面、薬剤師という専門の職業であっても、働く職場環境などは多様化傾向にあるのです。
結婚そして育児など事情によって、退職せざるを得ない方もそれなりにいますが、そのような人たちが薬剤師の仕事に戻る時に、パートが確かに有用な雇用形態です。